憧れのマイホーム!マンションと一戸建てどちらを選ぶ?

マンションのメリットとデメリット

自分の家を持ちたいと思った際、マンションにするか一戸建てにするかで迷ってしまう方は少なくありません。
まずは、マンションのメリットとデメリットについて紹介していきたいと思います。マンションですと自分の居住空間以外のところは、業者などが管理をしてくれますので手間がかからないと言うメリットがあります。管理人が常駐しているマンションや監視カメラが多く取り付けられているマンションなどは、セキュリティも抜群だと言えます。ただし、自分が住んでいない時でも毎月一定の管理費が発生してしまいますので、無駄な出費も多くなると考えておいた方が良いでしょう。また、マンション全体のメンテナンスの際などには一斉に修理費が徴収されることもあります。

一戸建てのメリットとデメリット

一戸建てに住む際のメリットは、一体どのようなものなのでしょうか。まずは、子どもが騒いでもあまり気にしなくて良いということです。階下に誰か人がいるわけではありませんので、足音に始終気を付ける必要がないのです。また、2階建てや3階建ての建物の場合には、居住空間や収納スペースを広く使えるというメリットもあります。
次に、一戸建てのデメリットについても少し紹介していきたいと思います。まずは、外壁やポーチや屋根など、全て自力でメンテナンスしなければいけないということです。一つ一つに膨大な費用がかかってしまいますので、修理が重なってしまうと大変です。また、庭付き一戸建ての場合は、雑草などの手入れが想像以上に負担になってきます。

分譲住宅のメリットは、注文住宅に比べて価格が安く設定されていることや、購入したらすぐに入居できるという点が挙げられます。